賃貸物件探しで見落としがち!?忘れずにチェックしたいポイント3選

敷金礼金以外に掛かる費用を先に確認しよう

賃貸契約をする際には、敷金や礼金を支払うことは一般的です。礼金については金融機関から融資を受けて建設されているアパートについては受け取れない決まりとなっています。問題となるのは、本来は任意または大家負担となるはずの鍵交換費用や入居時に支払う必要の無い抗菌施工費まで請求されることです。大家に直接確認すると分かりますが、特定の不動産屋がキックバックを受けるために勝手に必須扱いとしているだけですから、不動産屋選びを間違えなければ請求されることはありません。

更新料について契約前にチェック

契約時の初期費用については確認しても、更新時にかかる費用は全く無関心という人も少なくありません。管理会社が不動産屋と組んで大家の意向とは関係無く、更新料を高く設定して入居者の入れ替えを狙っているケースもあり要注意です。更新料が高い場合には、別の物件に転居した方が安上がりとなることもあるので、最初に確認しておき大家と直接契約で更新出来ないか入居中から交渉してみると良いでしょう。不動産屋が請求する更新料が高すぎて転居を考えていると大家に話すと、直接契約に切り替えてもらえることがあります。

保証会社に支払うお金は無駄金

部屋を賃貸契約する際には、保証会社との契約が別途必須となると勘違いしている人がいます。保証人を用意出来ない人の場合には、仕方なく保証会社を利用することを考えると良いですが、保証人を用意出来るのであれば保証会社との契約は不要です。保証会社との契約が必須ではない部屋に優良物件が多く含まれているので、先に埋まってしまいインターネット公開している賃貸物件には不人気物件の特徴として、保証会社必須物件が溢れかえる状況が生まれています。優良物件探しを行う際には、保証人を立てても借りられる部屋を探して、最終的に保証人と保証会社どちらを立てるか自由に決められる不動産屋を利用することが望ましいです。

札幌市中央区の賃貸では、高層階の物件も多数存在するため、窓からの眺望を重視している人でも納得のいく物件が見つかります。