注文住宅で理想のマイホームを実現させよう。

注文住宅と建売住宅の違い

家づくりは人生の中でも大きな労力を使う、一大プロジェクトです。後悔しないようにしっかりと計画を練って挑みたいものですね。建売住宅のように既に出来上がっている家を購入する、という人は多くいます。すでに家が建っているわけですから実際に自分が住んだ時のイメージがしやすく、費用も安くあがることが多いですね。反対に注文住宅は、文字通り「注文してから建てる」タイプの家づくりです。自分の好みによって様々な注文ができる、極めて自由度の高い家づくりです。打ち合わせに費やす労力は大変なものですが、その過程を楽しめる人には是非オススメしたいですね。

ライフスタイルから家づくりの構想を練る

毎日多くの時間を過ごす家において最も重要なのは、「ストレスなく過ごせるかどうか」です。家族構成を考えて、10年先、20年先のこともイメージしながら構想を練っていきましょう。家にいる皆が快適に過ごせなくては、せっかくの注文住宅も意味がありませんからね。オススメしたいのが、ある程度の自由度をキープしておくこと、です。将来的に家族が増えるかもしれない、二世帯になるかもしれない、という様々な可能性があるわけですから、臨機応変にその都度対応できるような家が便利ですよ。

注文住宅はどこに依頼したらいいの?

家づくりのコンセプトが固まれば、そのプランを実現してくれる人に依頼します。大きく分けてハウスメーカー、工務店、設計事務所の3つから選ぶことになります。ハウスメーカーは規格住宅という前提があるので自由度は低めですが、アフターケア等の将来的な安心感があります。工務店は自由度が比較的高めで、コストパフォーマンスが良いという特徴があります。地域密着型の工務店なら、何か不具合が生じた時もすぐにかけつけてくれますよ。設計事務所は極めて高い自由度が特徴で、オンリーワンな家づくりをしたい人にピッタリでしょう。何れにしても、依頼先としっかりとした信頼関係を築き上げていくことが家づくりの大事なポイントです。

足立区の注文住宅ではリフォームの相談をしているので理想的な住まいづくりを提供してくれます。見積りも無料なので気軽に相談することができます。