マンションと一戸建て?メリットをいろいろ探る

庭スペースを有効に使うことが出来る

住宅を購入するとき、一戸建てにするか分譲マンションにするかがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるため、メリットが優先する方を選択することになるでしょう。一戸建てにあってマンションにない部分としては庭スペースがあります。それぞれの家で使い方は異なりますが、車の駐車スペースにすることもあれば、ガーデニングの場にする、子供の遊び場やバーベキューをするための場所にすることもあります。いろいろな使い方が可能です。

音や振動に関する気遣いが少ない

マンションに住むとき、お隣や上下に住んでいる人との関係があります。建物上接していますから、それなりに音がしたり振動したりすることがあるからです。一戸建ての場合、周りの住宅とは接していません。ですから振動が伝わることはありません。音は全くさせないことはありませんが、部屋の中を走り回ったときの音がお隣の騒音になることはありません。マンションなどに比べると、気遣いなく生活することが出来ます。小さい子供がいるときは特に助かるでしょう。

ローンが終われば土地が資産となる

マンションを購入した時、ローンの支払いが終わっても特定の土地を得ることはありません。建物としての価値は残りやすいものの、取り壊せばなくなります。一戸建ての場合、マンションに比べると建物の価値が無くなるのは早いです。20年ぐらい経過すると無価値になるともいわれます。ただ、土地は将来的に自分の資産になります。建て直すこともできますし、土地が高くなったときに売却することもできます。周辺環境によって、大きく値上がりすることもあります。

所沢で一戸建てを購入する場合、良好なアクセス環境と快適な生活環境の両方を得られるというメリットがあります。