そもそもマンションって間取りは変えられるの?

間取りを変えるものはリフォームと呼ばない

従前からよく言われているリフォームとは、老朽化した建築物などを新築の状態へと戻すことを指します。これに対して、間取りそのものを大きく変える大規模な工事を伴うものを、リノベーションと言います。新築のマンションに手を加えるという点では、両者は共通しますが、リノベーションとはあまり聞き馴染みのない言葉ですよね。しかしながら、ちょっと前に比べて、近時のマンションはリノベーションが随分身近になってきています。

リフォームとリノベーションとの実務上での違い

現時点では、リノベーションとリフォームとでは、実務上、言葉の境界線において、その使い分けは非常に曖昧なものであって、明確な振り分けはとても困難なものです。システムキッチンとか、ユニットバスなどの入れ替えや壁紙の張り替え程度であれば、リフォームに分類されます。他方で、間取りの変更といった大規模な工事を伴うものは、リノベーションに分類されるのです。新築時を基準にして、その性能が下位のものとなるものは、リフォームに分類されます。

間取りを変更するメリット及びデメリット

リノベーションのメリットとしては、物件の選択肢が相当増えるということが挙げられます。しかしながら、ローンの金利が高価になってしまうというデメリットも突出することでしょう。こうしたメリットとデメリットを、多角的に比較考量した上で、リノベーションを行うことが大事です。あなたのライフスタイルに合わせて、千葉県でリノベーションを行うための物件を探していくことも肝要と言えるでしょう。また、リノベーション済みの物件もありますから、こうした物件も考慮されると良いでしょう。

マンションリフォームを千葉で依頼する際には、料金の安さだけでなく、実績の豊富さやアフターサービスの充実度なども考慮することがポイントです。